採用情報

嘉山(シニアコンサルタント)

プロフェッショナルとしてクライアントから信頼されるコンサルタントでありたい

OKI KAYAMA嘉山央基

Senior Consultant
東北大学法学部卒業。
教育研修会社において法人営業を担当後、クレイア・コンサルティングに参画。

クレイア・コンサルティングに参画したきっかけは?

私は新卒で教育研修会社に入社し、法人営業の経験を積んだ後に、クレイア・コンサルティングに入社しました。新卒で教育研修会社に入社した理由は、学生時代の教育ボランティア活動を通じて、人や組織の成長を後押しするような仕事に就きたいと考えたからです。

入社後の私の主な仕事は、様々な企業人事部の担当者に対する、教育研修の企画・提案活動でした。仕事自体は非常にやりがいのあるものでしたが、様々な企業の人事担当者の方の相談に乗る中で、人・組織の課題は非常に複雑であり、教育だけのアプローチでは解決が難しい課題があるということを痛感しました。

また、自分の提案がソリューションありきになってしまい、教育施策を実行した先に、クライアントがどのような組織を実現し、企業価値を高めていくべきかということに対して、明確な答えを持てていないことにも気がつきました。

そのような経験から、転職活動の際には、型にはまった教育研修を提供するような仕事ではなく、クライアントの複雑な人・組織の課題解決をパートナーとして支援することのできるコンサルティングファームに絞って活動をしていました。

その中で、最終的に私が当社に魅力的に感じ、当社を選ぶきっかけとなった理由は大きく3点あります。

1点目は当社が組織・人事領域のテーマの中でも幅広い課題を扱っており、それらの課題に対してオーダーメイドでソリューションを提供していること。

2点目は当社は経営コンサルティング会社であることも標榜しており、常に経営的な視点から組織・人事の領域におけるコンサルティングサービスを提供していること。

3点目は、当社が少人数のファームであるが故に、若手にも裁量のある仕事を任せられ、短期間で成長できるのではないかと考えたこと。

当社に入社した経緯は以上です。

入社して予想を裏切られたことは?

社員の成長のために非常に手厚いサポートがあるということです。

入社前までは、一般的なコンサルティング会社のイメージから、コンサルティングに必要なスキルは実務をこなしながら自分で身に着けるべきものと考えていました。特に私は中途入社でしたので、早くから自律的な価値貢献が求められることはある程度覚悟しており、入社前は本当に自分がコンサルタントとして立ち上がれるのかと不安に感じていました。

しかしながら、入社後は人材マネジメントの基本的な考え方から人事制度、エクセルやパワーポイントの実務リテラシーに至るまで、一通りの研修を受講することができ、仕事を進めるうえで最低限の基本的な知識・スキルを身に着けることができました。

また、実務と並行しながら、ケースメソッド研修というMBAの教材を題材にした討議演習にも参加しています。この演習では、人事だけでなく、経営戦略やマーケティングなどの様々なテーマについて、事前に与えられたお題をもとにコンサルタント同士で討議を行います。他のコンサルタントや先輩コンサルタントの考え方から学ぶことは多く、毎回の演習が非常に勉強になっています。

このように手厚い研修サポートがあるだけでなく、実際のプロジェクトの進行においても、仕事を進めるうえで分からないことがあれば、周囲の社員に快く相談に乗って頂けます。

もちろん当社でも、前提として自分の成長に対する自律的な姿勢は求められますが、土台としてこのような 環境があったからこそ、私も入社後にコンサルタントとしてスムーズに立ち上がれたのではないかと考えています。

コンサルティングの仕事の魅力は?

私が考えるこの仕事の魅力は、大きく2点あると考えます。

1点目は、クライアントの経営上重要な判断の局面に若くして携われる点です。コンサルティングという仕事の性質上、様々な企業の改革の場面に携わることが多くあります。私が当社に入社したのは20代の中盤でしたが、通常の事業会社であればまだ下積み期間であるような年齢でも、クライアントの経営会議に参加し、自分の作成した資料について説明するだけでなく、時には意見を求められることもあります。若くても自分の意見を持つことが求められますし、常にストレッチした環境で仕事をすることになるため、成長する環境としても非常に良いと思います。日々のプレッシャーは大きく、大変に感じる時もありますが、年齢が若くてもそのような貴重な経験を積むことができるのは、コンサルティングの仕事の魅力であると考えています。

2点目は、様々なテーマのプロジェクトに携われる点です。当社は組織・人事を専門領域とする経営コンサルティング会社ですが、組織・人事の領域の中でも、1つ1つのプロジェクトにおけるテーマやクライアントの抱える課題は異なり、毎回新しい気持ちでプロジェクトに臨むことができます。私は入社以来これまで、M&Aに伴う人事制度の統合支援、全社的な人事制度の改定(人事制度の複線化やジョブ型人事制度への改定)、評価者トレーニングや360度フィードバックの設計など、多様なプロジェクトに携わってきました。また、担当したクライアントも日本を代表するような大企業からベンチャー企業、業界では製造業、商社、サービス・小売業と多岐に亘っています。そのため、プロジェクトが開始される度に大量のインプットが必要になりますが、その分短期間で多くの知識・知見を身につけることができるのではないかと考えています。

クレイア・コンサルティングの魅力は?

クライアントとの距離が近いことです。当社では、人事の戦略やコンセプトを提案するだけでなく、実際にそれがクライアントの中でしっかりと運用・定着されるように伴走しながら支援するコンサルティングを行っています。そのため、プロジェクトは長期に及ぶことが多いですが、その分クライアントと密にコミュニケーションを取りながら丁寧にコンサルティングを行うことができ、自分の設計した人事戦略や制度を実際に現場に落とし込むところまで携わることができます。他のコンサルティング会社で働いたことがないので比較はできませんが、当社ではリピートを頂くクライアントも多く、実際にクライアントからは、しっかりと実行まで支援してくれるいうことを評価頂くことも多いため、クライアントと長期に密にコミュニケーションを取りながらコンサルティングを行いたいという人にとっては、魅力的な環境なのではないかと思います。
また、組織・人事の領域に関心があり、探求心のあるメンバーが多いのも特徴だと思います。組織・人事の領域は、頻繁に新しいコンセプトが提唱されますが、そのような情報を常にキャッチアップしつつ、それを表面的な言葉で理解するのではなく、その本質的な意味合いについて思考・議論することのできるメンバーが多くいます。コンサルタントとしては当たり前のことではありますが、周囲のメンバーからはたくさんの刺激を得ることができ、そのようなメンバーとプロジェクトや研修などを通して議論することで、日々たくさんの学びがあると感じています。

コンサルタントとして一人前になったと実感できた出来事は?

まだまだ勉強中の身ではありますが、クライアントから自分に対して意見を求められるようになった時に、一つ階段を昇ることができたと感じました。

入社したばかりの頃は、右も左も分からず、とにかく目の前の仕事についていくのが精一杯で、毎回のミーティングの議事録作成や資料作成に追われ、クライアントとのコミュニケーションについては基本的にプロジェクトマネージャーが行っていました。そのような中で、自分としては少しでも役割を拡大していこうと、目の前の仕事に最大限取り組みつつ、分からないことは放置せずにプロジェクトの理解を深めるためのインプットを地道に行ってきました。成果に結びつくまでは時間がかかりましたが、少しずつミーティングの場でも発言できるようになり、クライアントからプロジェクトマネージャーではなく、自分に対して質問を頂ける場面も増えました。

ある時、クライアントから至急打ち合わせをしたいとの連絡があり、プロジェクトマネージャーの都合がつかなかった際に、「嘉山さんだけでも来て欲しい」と言われたとき、些細なことではありますが、自分の中で一つ役割を拡大することができたと感じました。

まだまだ勉強中ではありますが、より多くのクライアントに価値を届けられるよう、今後も自分自身のスキルを向上するべく精進ができればと考えています。

応募する学生に期待すること

当社では早い時期から大きな裁量を与えられることもありますが、同時にそれに伴う責任も大きくなります。

私自身も、日々のコンサルティングを通じて、プロジェクトの中で価値を発揮し続けることの難しさを実感しています。クライアントに対して価値を発揮し続けるためには、日々の仕事や自分自身のスキルの向上に対して、自律的な姿勢が求められます。

コンサルタントとしての専門知識やスキルは入社後に身につけられるため必要はありませんが、その土台として、そのような姿勢を身につけることは重要だと思います。

就職活動は自分自身がどのようなキャリアを歩んでいきたいか考えるための貴重な機会です。周りの意見に流されずに、自分自身が何をしたいのか、どのように成長していきたいのか、徹底的に考えて欲しいと思います。その中で、クレイアという環境で働くことが自分自身のキャリア観に合致するのであれば、是非応募頂きたいと思います。