キーワードで探す
絶対的な評価基準に基づき評価を決定する方法。同一の評価母集団に属する人と比較して相対的に評価を調整することなく、一人一人を絶対的な基準に基づき評価するため、人材育成の観点で優れているとされる。 実際には、一次評価は絶対評価を採用し、二次評価以降は相対評価にすることで、等級間や部門間の評価調整を実施しやすくするような制度が一般的ではある。 「絶対評価」と対になる考え方に「相対評価」がある。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

CONTACT US ご相談・お問い合わせ

03-5439-9108