キーワードで探す

「&」などの記号を含むキーワードで検索した際に検索結果が正しく表示されない場合があります。
その場合は記号に続いて半角スペースを挿入して検索し直してください。

雇用不安とワークモチベーションに関する意識調査(2009年3月)

「100年に一度の危機」といわれる厳しい経済状況を生き抜こうとする経営者の強い覚悟は、社員にきちんと伝わっているのだろうか。社員は危機を正しく認識し、「健全な」不安(危機感)を感じているのだろうか。それとも、雇用への不安が仕事のやりがいや働きがいに悪影響を及ぼしいているのだろうか。

今回の調査では、「不安」「諦念」「不信感」といったネガティブな心の動きにも注目しながら働く人々の本音を導き出した。その結果、危機に際して社員のかなりの割合が「あきらめ感」や「社会不信」といったネガティブな意識を持っていることが明らかになった。

0903_koyofuan

調査概要

調査期間
2009年2月6日~2月7日
調査方法
インターネットによるアンケート
回答方法
多肢選択式
対象者
民間企業で働く1000名の男女(正規社員:700名   非正規社員:300名)

目次

    はじめに

Ⅰ 調査の背景

Ⅱ 企業の不安対策の実態

Ⅲ 社員の不安(危機感)の状態

Ⅳ 危機を乗り越えられる組織/乗り越えられない組織

V  まとめと考察

Ⅵ 調査概要とデータ属性

調査レポートのご請求・お問合せ
本調査レポートをご希望の方は、フォームまたは、電話・メールにてご連絡下さい。

お電話:03-5439-9108(代表)
メール:info@creia.jp

CONTACT US ご相談・お問い合わせ

03-5439-9108