キーワードで探す

閉塞感とチャレンジ意欲に関する意識調査(2010年12月)

先の見えない状況の中で、各企業は試行錯誤を繰り返しているように見える。しかし、事業をスムーズに長期的な成長にのせられず、閉塞感や停滞感にさいなまれている企業が少なからず存在するのではないだろうか。

本調査では、企業内の閉塞感がどの程度生じているのか、またその閉塞感が社員のチャレンジ意欲を実際に阻害しているのか、そしてその閉塞感を打破し、社員のチャレンジ意欲を最大限に引き出すためには何が必要なのかを明らかにする。そして、企業経営者や人事担当者の皆様に、これからの人事マネジメントを考える上で留意すべきポイントを抽出することを大きな目的としている。

※閉塞感に関する最新調査はこちら

1012_stagnation

調査概要

調査期間
2010年8月7日~8月8日
調査方法
インターネットによるアンケート
回答方法
多肢選択式
対象者
一部上場企業及び新興市場で働くビジネスパーソン  1000名

目次

Ⅰ 調査の目的

Ⅱ 閉塞感の実態

Ⅲ 閉塞感の構造

Ⅳ 閉塞感を打破し、チャレンジ意欲を引き出すには

V  調査概要とデータ属性

Ⅵ クレイア・コンサルティングのご紹介

調査レポートのご請求・お問合せ
本調査レポートをご希望の方は、フォームまたは、電話・メールにてご連絡下さい。

お電話:03-5439-9108(代表)
メール:info@creia.jp

CONTACT US ご相談・お問い合わせ

03-5439-9108