テーマ

女性活用

社会における女性活躍の推進に関する法律などの整備が進み、より一層女性活躍が期待される昨今、日本は世界と比較しても女性管理職の割合は低いレベルです。

企業における女性社員の活躍の場を設けるということは今後の課題であり、どのような視点を持って進めていくのかを考えることは重要です。

  • 女性の力を活用する

    2013年に安倍政権がアベノミクスの第三の矢である成長戦略の一つとして、「2020年までに指導的立場に就く女性比率を30%に」することを発表して以来、女性活用に関する動きが活発になっています。
    しかし実態は日本における女性管理職の割合11.1%と米国や英国と比べて低いレベルにとどまっています。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクよりお電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。