人事情報源

「やる気」の構造 ~これがモチベーションを高める組織だ!~

「やる気」の構造 ~これがモチベーションを高める組織だ!~

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑨

    4.会社を元気にする人事制度とは? ここでもう一度、「日本型人間主義人事制度」と「米国型職務主義人事制度」の仕組みとメリット・デメリットを整理してみましょう。下図を見てください。 新しい人事制度に必要な視点とは? 日本型 […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑧

    米国型マネジメントを可能にするシステムとは? 職務グレード制度に関連するサブシステムには、以下のようなものがあります。 職務グレード制度に関連するサブシステムグレード ①評価制度 ②賃金制度 &# […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑦

    3.なぜ、米国型職務主義人事制度ができたのか? 米国型職務主義人事制度は、米国企業のマネジメントのあり方にマッチした仕組みになっています。日本型人間主義人事制度が、日本企業のマネジメントのあり方を背景に発展してきたのと同 […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑥

    ④福利厚生制度 日本企業の福利厚生制度は、社会保障要素の強い「法的福利厚生」に加え、社員の生活保障の観点を強くした「法定外福利厚生」が手厚いことが特徴です。法定外福利厚生には、大きく分けて次の2つがあります。 […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する⑤

    職能資格制度を構成するサブシステム また、職能資格制度のサブシステムである次のような各制度にも、日本企業のマネジメントに合致するような工夫が見られます。 職能資格制度を構成するサブシステム ①資格等級制度 & […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する④

    なぜ、日本型人間主義人事制度ができたのか? 前項で、日米の人事制度の特徴やメリット・デメリットを整理して見てきましたが、じつはそれぞれの人事制度の背景には、これまでの日本企業・米国企業で行われてきたマネジメント手法からの […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する③

    日本型人間主義人事制度のデメリット(社員側) ①仕事の成果と処遇の関係が曖昧で、短期的な努力と報酬がリンクしない 処遇の機軸は「能力」という安定的な要素ですから、仕事の成果に応じて短期で大きく変動する余地は極 […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する②

    米国型職務主義人事制度には、このような日本型人間主義人事制度のデメリットを補うメリットがあります。 米国型職務主義人事制度のメリット(企業側) ①業績に応じた人件費の管理が容易 なぜなら、報酬(人件費)が、業 […]

  • 2章 日米の「人事制度」を再点検する①

    日米の人事制度を比較すると? 人事制度は、社員のワーク・モチベーション(労働意欲)に多大な影響を与えます。 社員のやる気を高めるために、人事制度改革に着手する企業も少なくありません。しかし、どのような人事制度をめざせば、 […]

  • 1章 成果・実力主義は「日本人のやる気」を刺激したか⑤

    首を引っ込める中高年 年齢が40にもなると、よほど専門的な能力がない限り、なかなか再就職はしにくくなります。大小どの企業も、中途採用の上限に35歳という壁を設けようとするからです。 最近は改正雇用対策法により、募集の際の […]

12