人事情報源

寛大化傾向/厳格化傾向

評価のエラー(評価者が陥りやすい心理的な間違い)の一つ。評価が甘いまたは厳しいものに偏ること。

「寛大化傾向」となる評価者は部下のモチベーション維持やフィードバックの煩雑さを避ける目的で高めの評価にする場合が多い。また、「厳格化傾向」の評価者はもともとの性格が厳格で、標準評価の基準を勝手に高く設定している場合が多い。どちらも評価の公正性に欠ける点で問題がある。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。