人事情報源

極端化傾向

評価のエラー(評価者が陥りやすい心理的な間違い)の一つ。評価が最高あるいは最低に偏るなど、極端な評価を行うこと。フィードバックの際に評価者が被評価者に正しい指導を行うことができない点で問題がある。評価差をつけなければならないという意識が評価者に強い場合に生じる傾向が高い。

なお、評価が高いもの、または低いもののどちらか一方に偏るのではなく、両極端に分散するため、一見すると正しく評価しているように見える点で注意が必要である。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。