人事情報源

職務給

基本給構成要素のうち、職務の価値の大きさによって決定される賃金。「仕事給」とも呼ばれる。職務等級制度においては、職務評価によってジョブ・サイズを測定し、「職務給」が決定される。

しかし、1960年代に大手企業の技能職を中心に導入されたが、急速な技術革新によるジョブ・サイズの価値向上とゼネラリスト育成を中心とする日本企業の風土との不一致によりさほど普及しなかった。

関連コンテンツへのリンク

この用語に関連のあるサービス・事例の一覧です。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。