人事情報源

ポイント制退職金制度

等級や職位、評価、勤続年数等をポイント化して退職金を決定する制度。一般的に、退職金額の算定には基本給を用いるが、場合によっては企業への貢献度に関係なく基本給の昇給やベースアップに比例した退職金が支給されてしまう。

一方、ポイント制退職金を導入することで、退職金と基本給の連動を切り離し、企業への貢献度を退職金の決定に加味できるとともに、退職給付債務をコントロールすることが可能となる。

ポイント制退職金の具体的な算定は、等級や職位、評価、勤続年数等に応じて付与した累計ポイントと、経営側で決定したポイント単価を掛け合わせることで行う。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。