人事情報源

キャリア・アンカー

キャリア開発における概念のひとつ。個人がキャリアを歩んでいくうえで最も重要となる、不変の価値観や考え方。

米国の組織心理学者エドガー・シャインは、個人が持つ価値観には、数年もの間、たとえ仕事が変わったとしても変化することのない、共通のタイプがあることが明らかにし、これをキャリア・アンカー名づけた。

キャリア・アンカーには、①専門・職能別コンピタンス、②全般管理コンピタンス、③自律・独立、④保障・安定、⑤起業家的創造性、⑥奉仕・社会貢献、⑦純粋な挑戦、⑧生活様式の8つがあるとされる。

対となる概念としてシャインは「キャリア・サバイバル」という考え方も提唱しており、変化するキャリア環境へいかに適応するかが重要であるとも述べている。

当ページ内容についてのお問い合わせ

当ページの内容に関するご質問、資料のご請求、詳しい説明のご依頼等に関してましては、以下のリンクより
お電話、メールもしくは問い合わせフォームより、お気軽にご連絡をお願いいたします。